本を読む男性

成績を上げたいと希望する生徒や親御さんの悩みとして、学習塾と家庭教師のどちらを選ぶかということで悩むことは少なく無いでしょう。
特に首都圏や大阪、札幌といった、子供の多い地域の親御さんはその悩みも多いようです。
お金と時間をかけることになるのですから、慎重に考えて選びたいものです。
学習塾と家庭教師の大きな違いは、塾という外部の環境で他の生徒と一緒に学ぶことになるか、自宅で家庭教師に一人で勉強を教わるかどうかということだけではありません。
もちろんこのことも大きな違いですが、他にも見逃してはいけない違いがあります。
それが講師の質です。
家庭教師と言えば大学生の定番のバイトであるとも言えるように、家庭教師の多くは大学生がバイトで行っていることが多いのが実情です。
バイトの大学生が悪いという訳ではありませんが、成績を上げるため、またはその先の受験に関して十分な知識や経験があるとは言い難い家庭教師が多いのも事実であることは、頭に入れておかなければいけません。
その一方で学習塾はプロの講師が指導することが多く、成績を上げて受験を成功に導くための勉強法やノウハウを知り尽くしていると言えます。
プロ講師は大学生のバイトのような片手間では無いため、授業研究にも熱心ですし教え方も専門的で非常に工夫を凝らしています。
生徒の側からしてもプロ講師は授業で分からないことの質問以外にも、成績が上がらない時や受験に関する相談がしやすい、とても頼りになる存在だと言うことが出来るでしょう。
バイトの大学生よりも人生経験も豊富なため、生徒一人ひとりの個性をとらえてその能力を最大限伸ばすような指導を行うことも可能です。
生徒にとっても学校の教師とは一味違うプロ講師達に学ぶ事は新鮮で楽しく、学習塾に通うことが楽しいとさえ思うことも珍しくありません。
他の多くの生徒と切磋琢磨する環境も、ますます勉強へのやる気をかきたてる環境にもなるでしょう。
学習塾にかかる金額と家庭教師にかかる金額を比較しても、そう大きな差が無いことが多いものです。
楽しく意欲的に勉強し続けることが出来る環境が揃っている、と言えるのが学習塾の大きな特徴だと言えます。
自宅で家庭教師と勉強することが悪いということではありませんが、お金と時間をかけて勉強するのですからどのような人に指導を仰ぐか、どのような環境に身を置いて勉強するかは非常に大事です。
東京、大阪、札幌といった、子供が多く塾も多い地域ではそのような環境の整った塾を見つけるのが重要と言えます。
勉強においてだけ言えることではありませんが、何事もその道のプロの指導を仰ぐということが一番大切だと言えるでしょう。

記事一覧
座る高校生

少子化の影響により、日本は2018年問題を抱えています。 2018年問題とは、18歳人口の減少ととも...

笑う女の高校生

小学校までの試験は、あくまで儀礼的なもので、生徒間の競争を生むような成績発表はありません。 生徒同士...

ニコニコする男女

プロ家庭教師の性別が頭痛のタネになることもあるようです。 それなら初めから不安材料を取り除いておくに...

考える女性

東進ハイスクールは有名な予備校ですが、浪人生だけではなく現役生向けの講座を開いており、現役の高校生か...

本を読む高校生

家庭教師会社には、授業料を安くして回せる学生家庭教師が多く取られているということがあります。 実際、...